「ウイルスばらまく」男性「伴充雅」の死亡原因は何?持病とウィルスのどちら!?

コロナウィルスに感染していながらもフィリピンパブなど飲食店へ行き、平然と過ごしていた伴充雅氏

2020年3月18日(水)午後1時ごろに死亡したようですが持病なのかウィルスによって死亡したのか調査してみました。

伴 充雅 プロフィール

氏名:伴 充雅

年齢:56or57

(ここには、両親と息子の4人で住んでおり、4人とも感染が確認されています。)

前科:二件

・ひき逃げ(2012年)

・恐喝(2018年)  

Twitter

伴 充雅氏 の行動歴

伴 充雅氏は4日(水)に新型肺炎コロナウイルスの検査の結果、陽性が発覚した後に、県から「自宅待機」の指導があったにも関わらず、一人で市内の居酒屋とフィリピンパブに行きました。

自分の都合で、店に立ち寄りウィルスをばらまいていたのです。自分独りよがりの世界ですよね。

死亡原因は?

捜査関係者の話では、病院で入院をしていたのですが、そのまま意識不明の重体となって死亡されています。

なんでも重い持病があったとされていますね。

持病だけではどのようなものかわかりませんが、コロナウイルスの影響があったのであれば、肺や呼吸気管などが悪化することも考えられます。

このことから持病が主となって死亡となったことが考えられますね。

追記:男性は新型コロナウイルスの感染前から肝細胞ガンの基礎疾患がありました。きっと、自分で分かっていて、免疫力も弱ってきていることから、これからの寿命が短いことを悟った中で、今回の行動になったと推測できますね。

飲食店の名前や場所は?

場所:カラオケ喫茶 YOU & ME

場所:丸愛酒場

店の被害は?

パブでは30代の女性従業員が新型肺炎コロナウイルスに感染していることが12日(木)にわかっています。

男性には接客をしていないようでしたが、マイクや飲み物の片付けなどによって、ウィルスを体内に受ける事態になったことなんでしょう。

現在、お店の方も営業中止となっていることが、報道されており、パブのオーナーも収益の被害もあったことは間違いありませんので、被害届を提出していました。

今後も被害届を引き下げないと言われていますので、死亡のまま検察に送られていくのでしょうね。

この被害も伴  充雅 氏が死亡したことによってどうにもならない状況となりましたので、被害受け損となってまったので、本当に腹立ちますよね。

自業自得とも

新型コロナウイルスにかかっていると自分自身もわかり、行政から自宅待機の指導もあって、このようにばらまく行為があったことや そしてなによりウィルスを伝染された女性従業員のことを考えると に憤りを隠せませんね。

コロナウィルスをばらまくと言って静止も聞かずに飲み屋に行き、あまつさえお店の女性に感染させた男、亡くなったたそうですね。これを仏教用語で因果応報といいます。まさに因果は廻る。悪い行いは必ず自分自身に返ります。それが自然の摂理です。

なるほど こうしてみると 着目していた人物が ピンポイントで亡くなるあたり やはり コロナウィルスはおそろしい…。 すまないが 移された女性にしか 同情はする気になれない。 悪人は悪人だ…

冥福は祈らない。 死んで当たり前の価値。 こいつはアホ以外でしかない。 苦しんんで死んでもらったことを祈る。 ただ 移された人間はきちんと面倒を見なくてはいけない。 監視できなかった保健所の責任は重い

ウィルスばらまく男は亡くなったんだね。持病あったのか。迷惑なやつだけど、自分が同じ状況なら自暴自棄になるわな。

Twitterより

自業自得という言葉がありますが、本当にそのように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ