岸本晃生(あきお)の顔画像や経歴は?過去の犯罪歴や抗争劇も

大事件
大事件 時事

2020年5月30日(土)の午後2時過ぎに岡山県岡山市田町で発砲事件がありました。
発砲したのは岸本あきお(晃生)容疑者で、車で7分のところですぐに取り押さえられ逮捕されました。
岸本晃生(きしもと あきお)容疑者は暴力団に所属しており、抗争の中で発砲していました。今回は、顔画像や経歴・プロフィール、過去にもどのような犯罪歴があるのか調査しました。

事件の概要

岡山県警によると、30日午後2時35分ごろ、岡山市北区田町の路上で、特定抗争指定暴力団神戸山口組系池田組幹部の男性(58)が何者かに撃たれ、病院に搬送された。幹部の容体は分かっていない。現場は池田組の事務所近く。

 県警は同日午後、同市内で拳銃を所持していたとして鳥取県米子市古豊千、無職岸本晃生容疑者(52)を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、岸本容疑者は同日午後3時5分ごろ、岡山市北区奉還町の路上に駐車していた車内で、拳銃1丁を所持していた疑い。

 発砲事件を受け警戒中の岡山西署員が容疑者を職務質問したところ、拳銃を隠し持っていたという。

引用:山陽新聞

岸本あきお(晃生)の経歴・プロフィール

  • 名前:岸本晃生(きしもと あきお)
  • 年齢:52歳
  • 住所:鳥取県米子市古豊千
  • 職業:無職
  • 組名:山口組大同会幹部
  • 罪名:銃刀法違反容疑

今後は殺人未遂事件としても捜査されることになりました。
岸本晃生(きしもと あきお)住んでいる地図です。

岸本あきお(晃生)の顔画像

逮捕されたばかりでまだ顔画像は公表されていませんでした。このためfacebookやTwitter、Instagram(インスタ)などSNSは特定できませんので、わかり次第追記していきます。

岸本晃生(あきお)が発砲した場所

2020年5月30日(土)、岡山県岡山市北区田町2丁目で岸本晃生(きしもと あきお)容疑者が発砲した場所です。

岸本あきお(晃生)が過去に起こした事件・犯罪

岸本あきお(晃生)容疑者は過去にも逮捕された事件を起こしていました。

組幹部3人を米子署が逮捕

 虚偽の変更登記申請書提出容疑 米子署は11日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで米子市富士見町2丁目、指定暴力団山口組系統龍会会長、田原靖士容疑者(36)、松江市青葉台、同山陰高木会会長、吉沢進容疑者(52)、米子市古豊千、同神原組組長、岸本晃生容疑者(48)を逮捕した。鳥取県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、2011年4月下旬ごろ、内容虚偽の株式会社変更登記申請書を鳥取地方法務局に提出し、商業登記簿の電磁的記録媒体に記録させた疑い。

 県警組織犯罪対策課によると、9日に暴力団事務所など関係先4カ所を捜索し、関係証拠品を押収した。

引用:日本海新聞

当時、暴力団組長として岸本晃生(あきお)容疑者は虚偽の登記簿を提出したことで逮捕されていました。
昔から悪さをしている人と言うことがわかります。
今回の発砲事件もこのようなつながりでもって組織的に犯罪を起こしていました。

昔の岸本あきお(晃生)を知っている友人

「学生時代から悪さばかりしていて近寄りがたい雰囲気をしていました。周りからも背絶対に関わらない方がいいと言われていて、話すこともなく卒業したのを覚えています。」

中学時代の友人

「とにかく人に難癖つけるのがあって、面倒な人だと思っていました。ただ人を殺すような根性をもっている人ではないと思っていたのですが、誰かに言われてやってしまったのかもしれません」

学生時代の友人

過去にも岡山市で抗争

2016年5月31日に銃撃戦が南区であり、当時池田組の若頭であった幹部が、山口組傘下の元組員が駐車場で拳銃で発砲され、死亡したこともありました。
本日の5月30日(土)はこの幹部の方の法要が行われていたということもあり、当時の恨みとも言われています。
その抗争を再現すべく駒となったのが岸本晃生(きしもと あきお)容疑者でした。組長までしている岸本あきお(きしもと晃生)容疑者は忠実に池田組幹部を撃っていったのです。
7発もの銃の音が鳴り響くほど、多くの数を撃っていくことで最終的に仕留めるという過去にあった事件からの遺恨が残っているのです。

Easygoing

コメント