神戸市灘区飛び降り転落死したパチンコ店はフェニックス摩耶店で特定!

悲惨事件
悲惨事件 時事

5月4日(月)午前5時ころにパチンコ店や飲食店などがある施設で、30歳男性が飛び降り、倒れていると通行人が見つけました。

このパチンコ店は、休業指示にもかかわらず営業をしていてました。

屋上から飛び降りる様子が防犯カメラに写っており、この店舗はフェニックス(PHOENIX) 摩耶店と特定されました。

事件の概要

4日朝、兵庫・神戸市で、「休業指示」を受けたパチンコ店が入る商業施設の敷地内で、男性が死亡しているのが見つかった。

自殺とみられ、警察がくわしい状況を調べている。午前5時すぎ、神戸市灘区にある商業施設で、「人が倒れている」と近くにいた人から消防に通報があった。

警察によると、30代くらいの男性が頭から血を流し、うつぶせの状態で倒れ、死亡していたという。施設に設置された防犯カメラに、男性が1人で屋上へ上がる姿が映っていたことから、警察は飛び降り自殺した疑いが強いとみて、身元の確認を進めている。

また、この施設には、新型コロナウイルスの特別措置法に基づき、兵庫県から「休業指示」が出されているが今も営業しているパチンコ店が入っていて、警察は関連があるかどうかについても調べている。

引用:プライムオンライン
引用:FNN

事件とパチンコ店フェニックス摩耶店との関連を警察は調査しています。

敷地内での事故と言うことであれば、店舗が休みとなるのが常識的な判断です。

休業を無視したフェニックス摩耶店

住所:兵庫県神戸市灘区味泥町6番1号

ゲームセンターやボーリング、ビリヤード、カラオケなど複合的なアミューズメントとなっていました。

このように休業を無視して経営をしていたことになります。パチンコ店と複合していますので、休業しなかったという状態になります。

フェニックス摩耶店の責任は?

全国・各都道府県で休業を要請しているのですが、あくまで要請ですので、法的に罰則はありません。

今回の場合、休業指示が出ていましたので、”命令”を出していたものです。
“命令”も法的な罰則はありませんので、無視していたものでしょう。

なにより休業補償のない状況ですので、休まない店舗なんでしょう。

法整備が無いのであれば、制裁も必要となっているこの時期に開業している店長や親組織はどんな神経しているのかわかりません。

そして、この強制力のない政府の当たり方にも問題があります。

転落した場所

引用:サンテレビ

30代男性と報道されていました。この男性が店員なのか客なのかまだ情報はでていませんでした。

休業して仕事がなくなった、社会的に仕事がなくなったのか、フェニックス摩耶店でお金を使い果たしたかは不明ですが、自暴自棄になり、今なら注目のパチンコ店から飛び降りようといった状況にあったことでしょう。

依存症で飛び降りの可能性

社会的に自粛しなければならない時にパチンコ店へ遊びに行っている状況だったのであれば、持ち金もなくなり一攫千金を夢見て最後の軍資金を持って勝負に出て負けてしまったのでしょう。

開業店に朝早くから並んで密になってパチンコをする人々は、もはや感覚が麻痺しているのでしょう。

ヤフコメ
ヤフコメ

遠征して来てて、有り金全部スッたとか?
まあパチ屋は一切関係無く、飛び降りするのに入り込みやすい場所として選んだ、っていう可能性だってあるし。
今後の身元判明なり、捜査の進捗で明らかになっていくでしょう。

ヤフコメ
ヤフコメ

パチンコ店はこの状況でも通う中毒者から金を搾取すればいいと思う。この状況でも通うのは依存症であり、勝とうが負けようが通い続ける人。勝てなくてもくるので出す必要がない。店にとってはいいカモ。いずれ金がなくなれば来なくなるか自殺に追い込まれるかのどっちか

ヤフコメ
ヤフコメ

パチンコ屋では自殺が結構あると聞いたことがある。
もしかしたらコロナで仕事減りお金が無くなり最後の頼でパチンコで増やそうと思ったが負けて自暴自棄になってしまったのか…

Easygoing

コメント