伊波フィアラの顔写真を特定したらブサイクだった!大学はどこに通っているのかも

時事
時事 詐欺

徳島市にある大学生 伊波(いは)フィアラ容疑者(22歳)が、ATMで、他人の名義のキャッシュカードを使って現金12万円を引き出したとして、盗みの疑いとなっています。

まだ大学生と言うこともあり顔写真やfacebook、Instagram(インスタ)が気になるところです。

伊波(いは)という苗字、フィアラという名前ですので、経歴やプロフィールも調査してみました。

事件の概要

今月、他人名義のキャッシュカードで現金12万円を引き出したとして、徳島市の大学生の女が警察に逮捕されました。このカードは、高知市の80代の女性がだまし取られたもので、女が、「女性からカードを受け取り、引き出した」という趣旨の供述していることから、警察は、特殊詐欺グループの中で現金を引き出す役割を担っていたとみて詳しく調べることにしています。

逮捕されたのは、徳島市の大学生、伊波フィアラ容疑者(22)です。

伊波容疑者は、今月10日、高知市内の量販店に設置されたATMで、他人の名義のキャッシュカードを使って現金12万円を引き出したとして、盗みの疑いがもたれています

。警察によりますと、このカードは、高知市に住む80代の女性のもので、女性は、この日、「医療費の払い戻しがある」などという電話を受けて、自宅を訪れた女にキャッシュカード2枚と通帳を渡し、36万円余りをだまし取られる被害に遭いました。

警察の取り調べに対して伊波容疑者は、現金を引き出したことを認めたうえで、「女性の家でキャッシュカードと通帳を受け取った。もう1枚のキャッシュカードからも現金を引き出した」という趣旨の供述をしているということです。

警察は、伊波容疑者が特殊詐欺グループの中で、現金を引き出す役割を担っていたとみて、詳しく調べることにしています。

引用:NHK

  • 徳島市の大学生
  • 他人名義のキャッシュカードで現金12万円を引き出した
  • 女性の家でキャッシュカードと通帳を受け取った。
  • 伊波容疑者が特殊詐欺グループの中で、現金を引き出す役割を担っていた

伊波(いは)フィアラの経歴・プロフィール

  • 名前:伊波(いは)フィアラ
  • 年齢:22歳
  • 在住:徳島市
  • 職業:大学生

第3回北谷町男女共同参画標語コンクールでは、中学2年生のときに優秀賞も受賞しています。

過去には逮捕歴がありました。逮捕された内容は公表されていませんでした。

facebook・Twitter・Instagram(インスタ)

  • facebook
    アカウントがありませんでした。
  • Twitter
    本人らしきものがありました。このインスタによりますと
    「北谷」→「ゴザ」→「徳島」という流れがありました。
    「北谷」は沖縄を意味しています。「伊波(いは)」という苗字も沖縄県うるま市が発祥となっていますので、伊波フィアラは沖縄にルーツがあることがわかります。
     次に「ゴザ」ですが、こちらも沖縄県本当中部にあった市名からきています。1974年4月1日に廃止となっていますので、この地域に住んでいることがわかります。
     最後に「徳島」になっていましたので、ここでまた特定できました。

    Twitterの内容は非公開となっていました。
  • Instagram(インスタ)
    アカウントがありませんでした。

顔画像

Twitterには複数名の方が映ってたのですが、どれが伊波(いは)フィアラかは特定できませんでしたが、5ちゃねるサイトには2名で写っている女性がいましたので、特定されています。

A

沖縄+フィリピンか

B

そんなに悪くない
もっと貧困そうな小汚いハーフかと思った

ハーフの顔立ちとなっていました。

大学はどこ

徳島市にある大学と言うことが公表されています。

大学の数がたくさんありましたので、特定ができませんでした。わかり次第追記していきます。

C

学費に困ってなのか遊ぶ金欲しさなのか…。

D

半グレ連中に騙されてこの手の犯罪に手を染めていく貧乏学生が増えてくるんだろうなぁ

Easygoing

コメント