牧志秀樹(まきしひでき)顔画像を特定!「沖縄タイムス社の関連会社に出向していた」友人が暴露(那覇市)

大事件
大事件 時事

新型コロナウイルスで影響を受けた事業主などに対して支援する給付金をだまし取ったとして、牧志秀樹(まきしひでき)容疑者が逮捕されました。

まきた秀樹容疑者は、沖縄タイムスという地方紙の元記者で、今回の事件に対して名前など報道されていないとネットでは話題になっていました。

今回は、牧志秀樹(まきしひでき)容疑者の顔画像や経歴、プロフィール、faceboookなどまとめてみました。

牧志秀樹(まきしひでき)経歴・プロフィール

  • 名前:牧志秀樹(まきしひでき)
  • 年齢:45歳
  • 住所:沖縄県那覇市識名4
  • 職業:無職

沖縄タイムスに勤務していた経験のある牧志秀樹(まきしひでき)容疑者

新型コロナウィルスの影響で収入が少なくなった個人事業主などに対して、うその申請をして100万円をだましとった詐欺の疑いがあり逮捕されました。

コロナウィルスが感染拡大していた沖縄県では、沢山の生活が苦しい状況にある島民の方たちが一斉に役場に持続化給付金や社会福祉協議会に総合支援資金という生活費の資金を求めて行っていたのでしょう。

それに紛れて牧志秀樹(まきしひでき)容疑者は、職業欄には「フリマ雑貨」と記載し、「簡略化している書類は簡単に作れる」などと安易に申請をしていたのでした。

牧志秀樹(まきしひでき)容疑者がフリマ雑貨でうその記載
引用:沖縄タイムス社

元記者という職業を活かして国の給付金申請について情報をこともあり、どんな人がどのように手続きすれば簡単に審査が通るのかを知っていたのでしょう。牧志秀樹(まきしひでき)容疑者を通じて40人以上の人間に対して不正のやり方を指南していたのです。

沖縄タイムス社員や知人に指南した牧志秀樹(まきしひでき)容疑者
引用:JNN

やり方を知った住民は裏切るように「沖縄タイムス社の記者が不正受給に関与している。」と告発していたのです。

牧志秀樹(まきしひでき)の家宅捜査
引用:沖縄タイムス

今年10月8日付けで懲戒解雇をされており、約1ヶ月たったいま逮捕に至ったのです。

牧志秀樹(まきしひでき)顔画像

牧志秀樹(まきしひでき)容疑者の顔画像(マスクなし)

画像が荒いですが、牧志秀樹(まきしひでき)容疑者の顔画像が公表されていました。

牧志秀樹(まきしひでき)容疑者のアップ顔写真
引用:RBC

車運転席側から撮影された画像です。横柄な態度で「動画止めろ」と言わんばかりに指をさして威嚇をしているのです。

車両もホンダ車にナビを搭載しており、記者時代には「どのに取材に行こうか」と若いとき街中を走り回っていたに違いありません。

しかし、現在ではナビを使って逃げるように使用し、給付金を不正な方法で手に入れるすべを指南していたに違いありません。

牧志秀樹(まきしひでき)facebook特定!

牧志秀樹(まきしひでき)のfacebook

牧志秀樹(まきしひでき)でfacebookを探してみると1件しか出てきていませんでした。

写真背景も沖縄の青い空ときれいな海としており、「牧志」という苗字は沖縄にある地域の名称からきているものですので、ほぼ確定と言っていいでしょう。

更新は一度もしていないので、仕事上交流のために作られていたのかもしれません。

このほかにも「まきしひでき」「makishi hideki」を検索しても写真で判別できるものはありませんでした。

牧志秀樹(まきしひでき)のfacebook検索画面

牧志秀樹(まきしひでき)住所を特定!

牧志秀樹(まきしひでき)自宅から家宅捜査が終了する
引用:沖縄タイムス

沖縄タイムスが掲載している画像で、住所地は「沖縄県那覇市識名4」となっています。

牧志秀樹(まきしひでき)の年齢は45歳となりますので、家族があってもおかしくない年齢です。家族を養うため沖縄タイムス社の給料だけでは物足りず、不正受給の指南をすることで副収入を得ていたのかもしれません。

牧志秀樹(まきしひでき)元職員は報道せず「沖縄タイムス社の関連会社に出向していた」

>詐欺容疑で逮捕されたのは沖縄タイムス社の関連会社に出向していた元社員の牧志秀樹容疑者(45)です。  引用:爆サイ

牧志秀樹(まきしひでき)の年齢も45歳と社会人では中堅どころ、沖縄タイムスでも上司からは嫌味を言われ部下を持ち、毎日取材に出かけていたのでしょう。

取材先で給付金申請書類の書き方を覚えたまきし秀樹容疑者は、嘘を記載して申請したことから沖縄タイムスに垂れ込まれ、それに気づいた沖縄タイムスは懲戒処分を行っていました。

しかし、報道の第一線に立つ沖縄タイムス社は匿名で逮捕となったことを伝えたのですが、これに対してネットでは「在籍中に犯した以上、しかも報道と言う情報発信側にいる人間が犯した罪の重さを考えれば、社会的影響・責任は追及されて当然。」などと批判が出ていました。

牧志秀樹(まきしひでき)容疑者が逮捕されても匿名報道とした
引用:沖縄タイムス社

新型コロナウイルスに関連した持続化給付金について、沖縄タイムス社元社員が不 正受給し、詐欺の疑いで13日に沖縄県警に逮捕されました。新型コロナで日常生活 の維持が困難になった世帯などの救済を目的とした国の制度を悪用した行為は、法 律に反するだけでなく、人々や社会を欺くものであり、許されるものではありませ ん。逮捕容疑が行われた際には社員であり、不正行為をはたらいたことにお詫び致 します。

沖縄タイムスでは実名報道を原則としておりますが、事件・事故の報道については 紙面上は実名で、ホームページなどでは匿名での報道を基本としております。イン ターネット上では、一度掲載すると情報が広がって長く掲載され、すべてを消すこ とは困難です。逮捕で容疑者を実名で報じた後、不起訴や裁判で無罪になったりす るケースもあることや、刑期満了後もネット上に長く残り続けることで、当事者が 不利益や迷惑を被る恐れがあります。また、近年は「忘れられる権利」の訴えも一 部で認められるようになりました。

ただし、ネット報道であっても、例外として政治家や幹部公務員など公的な立場の 人、有名人の事件・事故については実名で報じる場合があります。また、多くの犠 牲者がでるなど社会に甚大な影響を及ぼすような殺人や連続強姦、放火、子どもが 巻き込まれるような重大事件では、実名で報道することがあります。 こうしたネット上の特性を踏まえ、事件・事故の報道は匿名を原則とし、容疑者の 顔写真も掲載してきませんでした。 このような基本方針に基づき、今回の弊社元社員の逮捕については、ネット上では 匿名報道としております。  引用:沖縄タイムス社

沖縄タイムス社は、元社員ながらも実名を公表していないのです。報道機関なのに、自社で解決しようと上層部は考えていたのでしょう。

元社員ということもあり取材ができたはずですし、牧志秀樹(まきしひでき)容疑者がどのような指南をしていたのか、解雇よりも調べなくてはならないことが多数あったはずです。

沖縄タイムス社の関連会社に出向していた
引用:爆サイ

それとも牧志秀樹(まきしひでき)容疑者が、涙ながらに訴え続けていたのでしょうか。それを諭した上層部は本人に出頭させた可能性もあります。

さらに実名をだしてもらい、不正受給した人をあぶりだしてもらいたいものです。

Easygoing

コメント