竹内結子自宅マンション現場にマスゴミ「不幸が面白くてたまらない」ネットで炎上

エンタメ
エンタメ 竹内結子

竹内結子さんが自殺されたと訃報が入りました。沢山のテレビや映画に出演していた人気女優だけあって衝撃が大きすぎます。

自殺された自宅マンション周辺にはマスゴミが多発しており、苦情の嵐となっています。

竹内結子さん自殺報道概要

女優の竹内結子さんが27日に亡くなられたことがわかりました。40歳という若さです。

都内の自宅マンションで夫である中村大樹さんが発見して110番に通報されています。

心肺停止の中、搬送先の病院で死亡が確認されており、自殺の可能性もあることから死因を警視庁が調べています。

竹内結子さんは、2005年に歌舞伎役者の中村獅童さんと結婚されましたが、長男を出産後、2008年に離婚されてます。

2019年に現在の夫である中村大樹さんと結婚して今年1月下旬に次男を出産したばかりです。

竹内結子さん自宅マンション周辺にマスゴミ

三浦春馬さんの時と同じで竹内結子さんのマンションの前に陣取るマスコミ 警察の注意も無視してました。 引用:Twitter

自殺された方の住まわれている周辺で、番組の視聴率を上げるために陣取っていました。こんなことするよりも日ごろから自殺や精神疾患について、社会に理解を深めるようしていくことがマスコミの力なんです。

へずまりゅうを叩いていた人たちが、この迷惑系報道陣も叩いてほしいものです。

コロナの影響がありソーシャルディスタンスを保つことも、全くされていない報道陣に「喝っ」をいれたいです。

張本勲氏の「喝」が必要
引用:Asageiplus

こんな時にはき違えた報道の自由やジャーナリズムを盾に平気な顔してプライバシーを踏みにじんでいます。しかし、自分たちに火の粉がかかると謝罪もなく時が過ぎるのを待っています。

異常と思えるほど追っかけているには理由があります。「ナンセンスな内容と思いますけどね、あなただって番組見てるしょ?実際視聴率取れるんですよ。こんなおいしい報道ありませんから(笑)」」報道制作関係者

竹内結子さん自殺報道のガイドラインは無視

有名人の自殺については舌なめずりして群がるマスメディア。金儲けの種になるから。まさに「死の商人」。 感染症の対応については、あれほどWHOと連呼するのに、WHOの定めた自殺報道のガイドラインについては触れないようですね。
引用:Twitter

自殺報道のガイドラインには、「やっていけないこと」や「やるべきこと」があるにもかかわらず、「やっていけないこと」ばかりをやっているという醜態をさらしています。

「人の不幸が面白い」
引用:5ちゃんねる

芸能界は社会的な影響力を真剣に考えて対策してほしい
すべて一般人の誹謗中傷のせいにして構造的な問題に向き合おうとせずコロナ前と同じ調子でやってたら芸能人がどんどん追い詰められていく
メディアは芸能人の不幸が面白くてたまらないのかもしれないけど
それで傷つく人が一般社会に多くいることを自覚してほしい 引用:5ちゃんねる

マスゴミはYouTuberと違って迷惑かけても捕まったり、叩かれたりしないのは特別扱いなんです。表現の自由とかあるのであれば、その制限も必要になるはずです。

竹内結子さんと三浦春馬さんの死をつなげようするマスゴミ

三浦春馬さん、芦名星さん、竹内結子さん全員がみんなクローゼットで自殺で共通点がクローゼットと言われているので「竹内結子さんと三浦春馬さん、芦名星さんの自殺要因が関係しているのでは」と、三浦春馬さんも含めて早急な自殺扱いの報道は何も根拠がありません。

根拠が無いからこそ好き勝手に報道をしてしまうマスゴミは許せません。

三浦春馬さん芦名星さんからの連鎖と思ってしまいます。 ご冥福をお祈りいたします。 引用:Twitter

Easygoing

コメント