坂元愛職業はキャバクラや風俗関係?「よくこんな所に住めるわね」自宅マンション住民が炎上

悲惨事件
悲惨事件 時事

2020年7月24日(金)に乳児を一人おいて外出していた坂元愛(さかもと あい)容疑者が逮捕されました。

職業は不詳と公表されているのですが、1人娘をおいて出かけていた時間が夜の時間帯。放置していること自体が虐待となります。

「仕事をしていた」と供述していますが、母親としての自覚が見受けられない坂本愛容疑者の職業は何をしていたのでしょうか?

坂元愛(さかもと あい)女児放置事件概要

東京都台東区の自宅マンションに生後約3カ月の女児を約16時間にわたり放置したとして、警視庁浅草署は24日、母親の職業不詳、坂元愛容疑者(30)を保護責任者遺棄容疑で逮捕した。23日午前に仕事から戻った坂元容疑者が女児に意識がないことに気づき119番し、病院に搬送されたが同日午前11時15分ごろ、死亡が確認された。
 逮捕容疑は22~23日、台東区日本堤1のマンションの一室に女児を一人きりで放置し、必要な保護をしなかったとしている。容疑を認めているという。
 浅草署などによると、母子は2人暮らしとみられる。坂元容疑者は女児を置いて22日午後5~6時ごろに仕事に出て、23日午前9時半ごろ帰宅した。女児に意識がないことに気付き、午前10時10分ごろに119番した。女児に目立った外傷はなかった。坂元容疑者は「母乳は与えていた」と供述しているという。同署は25日に司法解剖し、死因を調べる。

引用:毎日新聞 最上和喜

坂本愛容疑者が帰宅すると女児は約3ヶ月で命を奪われたのです。

台東区の22日(水)の最高気温29.9℃で真夏日に近い温度、23日(木)の最高気温24℃とほぼ夏日となっています。

この蒸し暑い中「母乳を与えていた」とはいえ16時間も放置されていたと生後3ヶ月の女児は、お腹空いたと言わんばかりに寂しく必死に泣いていたに違いありません。

坂元愛(さかもと あい)の経歴・プロフィール

  • 名前:坂元愛(さかもと あい)
  • 年齢:30歳
  • 職業:不詳
  • 住所:東京都台東区日本堤1

坂元愛(さかもとあい)職業はキャバクラか風俗関係

これまでも常習性が高く放置している可能性が出ている中で、理由は「アルバイト」にありました。夜のアルバイトで23日夕方6時から翌24日午前10時まで帰らずいます。

夜の街関連性を引き合いにキャバクラか風俗とされている
引用:5ちゃんねる

“夜の街関連で働いてたら普通だろ”
“台東区日本堤って吉原でしょ?そういう商売の女なのでは?”

坂元愛(さかもと あい)容疑者が「アルバイト」としていたことが夜の街で働いることを示唆していたのです。

シングルマザーでアルバイトという生活であれば、生活に困っていることは目に見えています。30歳という年齢でありながら、キャバクラや風俗などの仕事をして夜遊びをして帰っていたのでしょう。

坂元あい(愛)の住所特定

「ヴィータローザCQレジデンス南千住」という自宅マンションに住んでいました。1K「7.6万円から8.4万円」の家賃で、東京メトロ日比谷線の南千住駅から徒歩9分程度の場所に立地しており条件の良さそうな場所となっています。

坂元愛(さかもとあい)容疑者が住んでいる自宅マンション
引用:NHKweb

坂元愛容疑者が住んでいたとされる自宅マンション2F間取り
 引用:HOME’S

自宅マンション隣の緑屋根が特徴にあります。坂元愛容疑者が住んでいたとされる自宅マンションの間取りは2Fで1Kとなっています。

坂元愛容疑者が住んでいたとされる自宅マンションの居間
引用:HOME’S

この部屋にわずか3ヶ月の女児を16時間も放置して出かけており、坂本愛容疑者が帰宅した時には亡くなっていたのです。

母親の帰りを泣きながら待っていたことを近所の方も知る由もありません。

坂元愛(さかもとあい)容疑者の夫(旦那)の存在

自宅マンションには女児と2人で住んでおり、「シングルマザー」とも公表されており、夫(旦那)の存在は公表されていません。わずか3ヶ月の女児を一人で育てていたです。

子どもを放置しているような坂元愛容疑者ですので、男にも捨てられたので1人で育てることとなったのでしょう。

このような状況の中で子育てをしており、いずれにしても女児を置いて仕事に行くようにしていました。

16時間も仕事をしていることは労働基準法からもあり得ない話です。

シングルで産後うつの可能性

シングルマザーで収入減が限られている中で、女児を育てていかなければいけないプレッシャーと子育て不安の中で両立していくことを考えられなくなり、仕事が終わっても家に帰らず遊んでいた」坂元愛容疑者の友人A

子どものことが精いっぱいで精神的につらくなってきているのはわかるのですが、この段階で誰にも相談できていないことが、女児にとっては残念なことです。

もっと早くに自分自身をカウンセリングしてもらう必要がありました。

「よくこんな所に住めるわね」マンション住民が不満

30歳シングルマザーでアルバイトという生活をしていながら、さかもと愛容疑者は台東区で自宅マンションに住んでいるのです。家賃の相場からして日常に行えるアルバイトだけの収入だけでは、とうてい住めるようなところではありません。

坂元愛容疑者が住んでいたとされる自宅マンション家賃代
引用:HOME’S

いつも化粧や服装を小キレイにしてたのである程度の収入持っている人かと思ってたんだけど、シングルマザーでしょ。どうやって家賃払っていたのかしらね。よくこういうマンションに住めたわね。」(台東区の自宅マンションに住む50代女性)

自分の欲のために生活費と家賃代を稼ぐのに女児を犠牲にしてしまった罪は大きいです。

Easygoing

コメント