大久保愉一(よしかず)開業医場所や評判は?「心の奥底までみられていた」患者が暴露

大事件
大事件 時事

2020年7月23日(木)ALS女性患者から依頼を受け殺害をした大久保愉一(おおくぼ よしかず)容疑者。

開業医として報道がされていますが、場所や病院名が報道されていません。そして家族がいるのですが、妻は元衆議院議員も経験しているほど有名な大久保みよ氏でした。

今回は、開業医している場所や経歴・プロフィールなど調査してみました。

大久保愉一(おおくぼ よしかず)ALS殺害事件概要

全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した京都市の女性から頼まれ、薬物を投与して殺害したとして、京都府警捜査1課などは23日、嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師の山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。患者を「安楽死」させたとして医師が逮捕、または書類送検されるのは、2008年に富山県射水市の射水市民病院の元外科部長が殺人容疑で書類送検(嫌疑不十分で不起訴)されて以来、12年ぶり。
 捜査関係者によると、大久保、山本両容疑者は被害女性の担当医ではなく、会員制交流サイト(SNS)を介して知り合い、直接の面識はなかったとみられる。
 捜査関係者の説明では、大久保、山本両容疑者は京都市内のALS患者の女性=当時(51)=から依頼を受け、昨年11月30日夕に同市内の自宅マンションを訪れ、室内で薬物を女性の体内に投与し、死亡させた疑いが持たれている。
 両容疑者とみられる不審な男2人がマンションを訪れた後、女性の容体が急変し、病院に搬送されて死亡が確認された。女性の体内からは普段服用していない薬物が検出された。京都府警が捜査を始め、防犯カメラの映像などから2人を特定したという。
 関係者によると、女性は11年ごろにALSを発症。死亡する直前は発語や手足を動かすことができない状態だった。障害福祉サービス「重度訪問介護」を利用して1日24時間、ヘルパーから生活全般のケアを受けながら1人で暮らしていた。

引用:京都新聞
大久保愉一(おおくぼ よしかず)容疑者宅へ家宅捜査され警察から書類が運び出される
引用:京都新聞

大久保よしかず(愉一)容疑者宅へ家宅捜査が入り、警察から書類を押収されているところが公表されていました。

大久保愉一(よしかず)容疑者の経歴やプロフィール特定

大久保愉一(おおくぼ よしかず)容疑者が院長を勤める病院の経歴
引用:おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニック
  • 名前:大久保愉一(おおくぼ よしかず)
  • 出身:北海道
  • 年齢:42歳
  • 大学:国立大学医学部
  • 職業:医師
  • 専門:呼吸器内科、精神科

大久保愉一(おおくぼ よしかず)顔画像

大久保愉一(おおくぼ よしかず)容疑者の顔画像
引用:おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニックホームページより

厚生労働省の元医系技官として7年半勤務していたのも、社会医学系専門医の取得ができるシステムがあるからなんです。

殺害された女性は「死にたい」と周囲にももらしていたことがわかっています。それに同調して薬物を投与して殺害していたのですが、現在の法律では嘱託殺人とされるので犯罪になるのです。

医者であり、主治医でないのにも関わらず本人同意とはいえ、法律をわかっていない医者だったのです。

大久保愉一(おおくぼ よしかず)病院名(開業医)や住所(場所)

  • 開業医名:おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニック
  • 住所:〒981-1226  宮城県名取市植松3丁目5−24 

開業後のホームページには、看板が掲げられており自宅兼開業医としていました。

地図では衆議院時代に掲げていたであろう妻の名前の入った看板が、写り込んでいます。

おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニック「心の奥底まで見られてるのが嫌」患者が暴露

「とても親身になって親切に話にのってくれる先生ですが、プライベートまでグイグイ聞いてくれるとこがあって、なんか心の奥底まで見られているようで嫌になるところがありましたね。」と開業医にかかっている患者が暴露しています。

妻・大久保三代(おおくぼ みよ)元衆議院議員は「アルバイトは反対」と証言

大久保みよ(三代)経歴・プロフィール

  • 名前:大久保三代(おおくぼ みよ)
  • 年齢:43歳(2020年7月23日現在)
  • 出身:鹿児島県鹿児島市
  • 選挙区:比例東北ブロック
  • 所属政党:自由民主党→無所属

“本日、私の夫愉一が連行されました。私は詳細も全容も、一切知らされておりません。夫からも何も聞いておりません。
ですが、連行され報道されたということは大切な方を亡くされた方がおられるということでしょうから、ご本人様、ご遺族には心よりお詫び申し上げます。お詫びの言葉もございません。

一方で、夫が一人の医療者としてやったことの結果ですから一人の大人としてきちんと受け止め、全責任を一人で背負って当然だと考えております。人の命に関わる仕事をしていれば常日頃から、職責について使命について、覚悟をしていて当然だと思っております。

今後捜査にも報道にも、全面的にご協力させていただきます。つきましては、マスコミ各社にお願い申し上げます。
・幹事社であるNHK・朝日新聞を通じましてご依頼いただければ いつでも会見いたします。 

よって、個別の取材依頼は遠慮いただきますようお願いいたします。
また当方の自宅・診療所の敷地には入っていただいてけっこうですので近隣の方の敷地を勝手に侵食するようなことが絶対にないようお願い申し上げます。
私は僻地医療を代々担う家系に育ちました。

医療とは、決して時間の切り売りであってはならない。医者のしごとは24時間365日。休むのは、患者さんが安定してその家族の人生をともにあゆみ、人生観のすべてをチーム医療で受け止めるものだとの考えをずっと持ってまいりました。

夫がアルバイトなどで時間の切り売りをすることはずっと反対で、厳しく叱って参りましたが、その思いは通じることがなく、私に隠れてアルバイトを繰り返し、結果このような事態になったことが、とにかく言葉がみつかりません。
誠に申し訳ございませんでした。”
引用:大久保みよオフィシャルブログ

アルバイトを反対していたとありますが、結果止めることができていない状況だったのです。夫婦間で意識のすれ違いから生まれた事件なんです。

議員時代「自民党議員にふさわしくない」とベテラン議員から注意

大久保三代(おおくぼ みよ)元衆議院議員ということもあり、知名度はバツグンで近所でも有名な方ですが、議員時代に服装で注意されたこともありました。

大久保三代氏が議員時代に服装を注意されている
引用:安積明子

「大久保三代って知ってる? 安住淳の対立候補として自民党から出て、落選して比例で復活した人よ。当選お礼に議員会館をまわっているんだけど、その服装がね……。子どもをベビーカーに乗せるのはいいとして、およそ自民党議員にふさわしくない格好なの」引用:安積明子

マナーができていないとベテラン秘書から言われるほどの内容です。

Easygoing

コメント