かけはし沙希インスタ特定「ボディタッチをして男に興味を引かせるのが得意」元児童養護施設出身者

時事
時事 虐待

2020年7月7日(火)に愛娘を育児放棄したとして東京都大田区に住んでいる梯沙希(かけはし さき)容疑者のInstagram(インスタグラム)が判明しました。

3歳となる長女の稀華(のあ)ちゃんがいるのにも関わらず、8日間も鹿児島の男の所へ遊びに行っていた、かけはし沙希容疑者の出身地である施設も特定。

生い立ちや経歴・プロフィールと合わせて調査してみました。

梯沙希(かけはし さき)が育児放棄した事件概要

東京都大田区の自宅マンションに娘を1人で8日間放置して死なせたとして、警視庁捜査1課は7日、母親の飲食店店員、梯(かけはし)沙希容疑者(24)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。放置している間、梯容疑者は知人男性に会うために外出していたとみられ、同課は育児放棄(ネグレクト)だったとみて調べる。
 逮捕容疑は6月13日までの8日間、大田区蒲田1の自宅マンションに長女の稀華(のあ)ちゃん(3)を約1週間放置し、死亡させたとしている。「間違いない」と容疑を認めているという。
 捜査関係者によると、梯容疑者は稀華ちゃんと2人暮らしだった。司法解剖の結果、脱水症状などを発症していたことが分かったという。梯容疑者は外出先から6月13日に帰宅し、午後3時55分ごろ「子どもが呼吸をしていない」と119番した。稀華ちゃんは搬送先の病院で死亡が確認された。
 梯容疑者は当時、警視庁の任意聴取に対して「数日前から体調が悪く、食欲もないため様子を見ていたら、息をしていなかった」と話していたという。【土江洋範、最上和喜、鈴木拓也】

引用:毎日新聞

かけはし沙希の経歴・プロフィール

  • 名前:梯沙希(かけはし さき)
  • 年齢:24歳
  • 職業:飲食店勤務
  • 住所:東京都大田区蒲田

梯沙希(かけはし さき)事件現場となった住所特定

住所:〒144-0052 東京都大田区蒲田1丁目28-11 サンリバーマンション
マンションと名はついていますが、住宅アパートに近い雰囲気のところです。

長女の稀華(のあ)ちゃんは外に助けを求めようとしても、窓を開けることもできず、梅雨時期に暑い部屋の中で、お腹を空かせ、トイレもおむつがパンパンになったままで母親の帰りを我慢して待っていました。

かけはし沙希(さき)出身地は宮崎県で判明

梯沙希(かけはし さき)容疑者の出身は宮崎県で育っています。今回、梯さき(沙希)容疑者は、東京から鹿児島県まで男を追って行ったのは、宮崎県在住時代に知り合った男性となります。

引用:読売新聞  梯沙希(かけはし さき)容疑者の出身地が宮崎県と公表

「梯沙希過去の生い立ち「あの子には騙されないで」児童養護施設元入所者が証言」

梯さき(沙希)勤務先は「居酒屋」

報道が出回っている時に「飲食店」と公表されていましたので、ネットでは「中川真理紗」と同じように「キャバクラ」でないかと噂されていましたが、実際は「居酒屋」でした。

居酒屋には特に男性客がつきものです。いい男を見つけていたのでしょう。

しかし、居酒屋も夜の仕事です。一時期保育園に通っていたのですが、昨年保育園を辞めていたのですが、夜の時間に子どもの面倒を見ている様子はありません。

中川まりさの顔画像を特定!経歴や暴走原因も調査!職業はキャバ嬢との噂も

梯沙希過去の生い立ち「あの子には騙されないで」児童養護施設元入所者が証言

梯沙希(かけはし さき)インスタグラムが特定

かけはし沙希容疑者のInstagram(インスタグラム)のアカウントが特定されていました。「sakincho__chocho」というアカウントです。

子どものことは一切触れていないインスタグラム。これでは子どもがいることは全くわかりません。ずっと子どもがいることを隠していたのでしょう。

友達と一緒に遊んでばかりいてどうしようもない母親を露呈しています。

夜の街をクレープもって徘徊しています。撮影日が2020年2月9日となっており、この時にはすでに稀華(のあ)ちゃんは出産していますので、梯沙希(かけはし さき)容疑者の自宅に放置して自分だけ遊びほうけていたのです。

歩道を歩いていると3歳くらいの男の子とすれ違っても、まったく気にせず、カメラ目線でクレープを食べてインスタグラムを楽しんでいる姿は、裁判でも情状酌量の余地はありません。

梯沙希過去の生い立ち「あの子には騙されないで」児童養護施設元入所者が証言

梯さき(沙希)「自分の体を触らせるのが得意」と児童養護施設出身者が暴露

“この子と同じ児童養護施設で生活してました。”

梯沙希(かけはし さき)容疑者は宮崎県中央部にある児童養護施設Kで育っていました。

入所していた学生の頃、よく男友達のことについて女子会みたいに話してみました。同級生に好きな人がいたのですが、とにかくボディタッチをして男に興味を引かせ、自分の体を触らせるのが得意でしたね。今考えると体を触らせて欲求を満たしていたのでしょう。」(元児童養護施設出身者)

生い立ちや成育歴は公表されていませんが、養護施設出身であれば家庭環境が恵まれていないことは確かです。

梯沙希(かけはし さき)容疑者自身も親との関係が崩れていた可能性があります。そのような負の連鎖が今回の事件を作ってしまったのです。

梯沙希(かけはし さき)パチンコ依存症も判明

引用:朝日新聞 梯沙希(かけはし さき)容疑者は稀華(のあ)ちゃんを自宅に放置していた

居酒屋勤務後も友人とパチンコして育児放棄していていました。育児という責任を全く持って感じることができません。

帰宅時間も未明ですので、稀華(のあ)ちゃんは真っ暗の中、一人で母親を待っていたことになります。特に小さい子どもは一人でいることも不安があるのに、真っ暗の中で1人待つなんて想像がつきません。

稀華(のあ)ちゃんよりも鹿児島の男を取りたかった

梯沙希(かけはし さき)容疑者と一緒に映る梯稀華(のあ)ちゃん

8日もの間自宅に帰らなかった梯さき(沙希)容疑者。行先は知人の男性のところとされています。東京から鹿児島まで行っているのにも関わらず子どもを放置していったのです。

子どもはちょっと目を離すと事故などにつながる危険な状況になることは、一般の方であればわかりますが、梯沙希(かけはし さき)容疑者はその想像すらつかないほど、男にマヒをしてしまっているほど狂っていたのでしょう。

元児童養護施設出身者が話しているように、男に欲求を解消してもらおうと自分の子どもを見捨ててしまうほどです。

「近頃母親を見ないからどこかに行っていると思ってた。特に子どもの泣き声も聞こえなかったね。」マンションにする住民もよく気付いていない状況でした。

保育園や警察にも通報歴がないためノーマーク状態でした。稀華(のあ)ちゃんが必死に助けを求めていたと思うと心痛めてしまいます。

※7/11追記 重すぎる恋愛観「別れたかった」と彼氏

鹿児島にいる彼氏は梯さき(沙希)容疑者と仕事の元同僚と言うことが公表されました。

中々会えないことにストレスを感じ、稀華(のあ)ちゃんを置いて東京からわざわざ鹿児島へ飛んでくるほど、恋愛感情を押されきれない梯沙希(かけはし さき)容疑者は鹿児島の彼氏にゾッコンなんです。

その彼氏は恋愛感情のコントロールができない、かけはし沙希容疑者に対して「本当は別れたかった」と証言しています。

遠距離恋愛の末、犠牲になったのは梯沙希容疑者ではなく、稀華(のあ)ちゃんだと思うと梯沙希(かけはし さき)容疑者の責任は大きすぎます。

Easygoing

コメント